バイオレンスという言葉が増えた現在

ここ十数年前からバイオレンスという言葉がよく聞かれるようになってきています。

多くの人が一度は聞いたことがあるドメスティックバイオレンスとはどのようなものでしょうか。

これは夫婦間または、内縁関係の間で起こる暴力全般をさします。

今までは、バイオレンスという言葉で連想されていたのは主に身体的暴力でした。

最近では、バイオレンスは精神的、経済的要素も含まれるようになってきています。

家庭内暴力は大昔からあったことですが、この言葉が認知されるようになってきたことで、社会的に問題視されるようになり被害を受けている人々が声を上げやすくなってきている現状があります。

先にも記したとおり、バイオレンスには精神的・経済的暴力も含まれます。

身体的暴力が行われている場合は、あざや傷などわかりやすい証拠が残ることもあり、加害者側も控える傾向があります。

精神的・経済的プレッシャーは目に見えないことが多く、被害者もその状況に慣れてしまえば、善悪の判断がつきにくくなっていることがあり、親しい第三者に相談することで、自分の置かれている現状が普通でないことを初めて知るというパターンも少なくありません。

悪く言えば、洗脳されていると言ってもおかしくないかもしれません。

実は、この状態になるまでは、被害者だけでなく加害者も無意識にやっていることが多いのです。

精神的バイオレンスの中に、モラルハラスメントというものが含まれます。

言葉や態度によって行われるモラルによる嫌がらせとも言え、この場合は、徐々にゆっくり長い期間を経て被害者が洗脳されてしまうのが特徴です。

この言葉も最近できたもので、多くの被害者が訴えるようになったため、表にでるようになってきました。

モラルハラスメントは、明らかな暴力でないため、加害者側も悪気なく行っておりもっともタチが悪いと言えます。

その特徴は、欧米や欧州の国々に比べて男尊女子の文化が、いまだに残っている国であることから、女性が我慢するべきという意識が強いことから、このような家庭内暴力を助長させてしまうことが多いと言われています。

このような問題が浮き彫りになってきたことで、配偶者を訴える裁判も増えてきているのも現状です。

このような加害者は、被害者が拒否しないという特徴を持っており、優しすぎる性格であることが多いと言われています。

たとえ夫婦間であっても、礼儀はお互いに必要であり、尊重は大切でありやはり度を越した行動は、配偶者といえど注意する勇気が大切です。

相手から受けた行動・言葉などの現状に少しでも疑問を覚えた時は、行政などに相談することをおすすめします。